変態と言われるギタリスト

友達や仕事の上司やらアルバイトの人やらよく言われますw でもそれでみんなが笑顔になるなら満足でございます          ヽ(=´ー`=)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アドリブソロ、あれこれ。

どうも、レイちょです(='ー')

専門に行ってたときに、よく先生が、

「アドリブソロは出来ておくと良いよ」(ギター講師の先生)

と、言われた記憶があります。
先生曰く、ミュージシャンの人はプレイヤー(楽器やってる人)をやっている人とスタジオ入ったりすると、まずセッションでアドリブソロやらなにかとやるらしい。←(個人的客観視も有り)
確かにアドリブソロが出来れば、自分の持ち味とかこういう弾き方やり方ここはこうであれがこうで、
と色々と自分自身の弾き方(アドリブソロも含む)が出てくるみたい。

授業でプレイヤーが集まって、この曲を演奏してソロ(ギターソロ)の所はコピーかアドリブって言う授業もやったなぁ。
当時の僕はアドリブソロなんてまったく出来なくて、スケール(音階)とかもあまり知識が無かったっw

今の自分のアドリブソロが出来ているかは不明デス

後、自分らしい弾き方(自己流)もその時もあまり無かった記憶があります。
その当時は「ジャンヌダルク」「X JAPAN」「マシンガンズ」「Dir en grey」とかのビジュアル・メタル系の音楽を聴きまくってコピーしてました。(ギター初めて1年目ほどデス)
まぁその授業でアドリブソロやってくれって言われてやったのが、
詰め込み系(早弾き)デシタw
多少の味のあるアドリブソロもやりましたがどうもしっくりこないっ、と、当時思ってましたw
もちろん先生からこういわれました。

「早弾きもいいんだけど、もっと曲のニュアンスとかを聴いて、アドリブソロやってごらん。
ペンタトニックスケールとかハーモニクスケールとかチョーキングビブラートとか色々とね」
(ドラム講師の先生)

と、言われたような記憶があります。

そこで自分は音楽って自由だけど、色々と奥が深いんだなぁと初めてそこで気づいたような紀がします。
そこからは色々と自分で試行錯誤したりとやった感じデスw

後、その当時バンドも組んでいました。
コピーバンドでしたけど、かなり勉強になったなぁ

組んでたバンドの内容はちょっと長文になりそうなのでここらで区切ります。
今までうpしてきた演奏だけど、大体は自己流に弾いてるなこりゃ、、w
洋楽でうpした演奏のソロは自分で聴いて、

「これでいいのか、、?」

って思ったりしてます。
まだまだ修行が足りねぇぜこりゃ!


ガンバリマス("⇔";)






スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<鮎祭り本番! | ホーム | ギターコード>>

コメント

音楽は奥が深い!
ちょっと違うかもしれませんが、クラシックでも
指揮者が違うだけで同じ曲なのに違いますからね~。

アドリブソロとかかっこいいなぁ~
もう見せ場ですよね。
技術と感性!これを磨いていけば
自分流の 音楽 ができあがっていくんでしょうね~^^
日々精進ですね♪
2009-08-09 Sun 00:52 | URL | ひもてぃ [ 編集 ]
>ひもてぃさん

はひ!毎日のように日々精通しております!
もちろん時には休息してますw
がんばりますぜぃ(='ー')b

2009-08-10 Mon 01:25 | URL | レイちょ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。